色を合わせる

リハビリを手伝う介護士

医療用スクラブは運動量が多い診療科の看護師や医師から人気で、白衣よりも動きやすい縫製、ストレッチ性があり抗菌、汚れ防止の機能も高く病院によっては全ての医療従事者に医療用スクラブを義務化する病院も増えています。 小児科や救命科、外科に普及率が高く診療科ごとに着用するスクラブの色を決めて、その診療科のスタッフが同じ色のユニフォームを着る事でチーム意識が高まり事故防止、コミュニケーション不足を防止する効果が高く医師や看護師のチームプレイが重要な診療科ほど医療用スクラブを着用する事が増えています。 注文する業者によっては病院の名前や診療科、自分の名前を無料で刺繍をしてくれるサービスをしている業者もあり人気です。

医療用スクラブは多くのメーカーが参入し始めており、有名スポーツメーカーや下着メーカーのスクラブは機能性も高く、デザインにも力を入れているため平均よりも高めに設定されている事も多く上下セットで6000円から1万弱が平均的で、ノーブランドのスクラブは上下セットで3000円程度から購入できるのに比べれば割高です。 医療用スクラブはアメリカでは昔から医療現場で一般的なユニフォームで、本場のアメリカで多くの医療従事者から信頼されているメーカーS.C.R.U.B.Sは日本のドラマでも使用される事が多くなり日本でも愛用者が増加しているメーカーで、上下セットで1万円から1万5千円程度となりますが機能性は高く採用する病院も増加しています。